Vincent Price

House on Haunted Hillのヴィンセント・プライス

Hさんに小津作品をオススメいただいて以来、classic映画にハマっている。

ここ数週間、就寝前に映画を見るのが日課。

ヒッチコックを見返したり、Classic Horrorを見たり。

なかでも私の心を打ったのが、Vincent Priceという俳優。

ハンサムなサイコパスを演じることが多いのに、Funnyな雰囲気があって何故か憎めない。

不思議とクスッと笑いがこみあげてくる。

彼の出演する作品を漁っていたら、私のトラウマ映画の元ネタ(であろう)シーンに出くわした。

それは、”The Pit and the Pendulum”の恐怖シーン。

怖いような、発見を喜ぶような、小さな感動がさざ波のように体中をかけめぐって不思議な気持ちに。

とはいえ、深夜にClassic Horrorって、不思議と癒されるんですよねー。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中