LGBTQなの忘れてた

Exif_JPEG_PICTURE
百合ネタなのにバラw 実家の庭より

先日、FtMの友人が主催するダイバーシティのイベントに参加した。

「わたしは、LGBTQのLなんですけど(以下略) 」

自己紹介を終えたあと、これまでに感じたことのない落ち着きとスッキリ感があった。心の蓋が取れたような清々しさ。まるで、疲れた体が全身マッサージを受けた後のような気持ちよさ。同時に体の中で沸きおこる懐かしい感覚。

「なんだこれは!?」

今まで感じたことのない、スムーズに呼吸できる感じに少しだけ戸惑う。

みんなの反応があたたかいのも嬉しかったけど、それ以上に、言えた自分に嬉しさを感じる。

「やっと言えたー!」という感覚とともに、新しい時代がはじまる、そんな気持ち。

 

 

幼きころから

わたしはこれまで、同性愛者として生きてきたし、友人や同僚にカムアウトして、周りも自然と受け止めてくれている。環境に馴染んでるから、敢えて声高にさけぶ必要はないし「突然カムアウトするのって、仰々しくて変じゃない?」と思っていた。

でも違った。今回、初めて社会に対してカミングアウトすることで、わたしの中の何かが変わった。動きはじめた。

わたしはこれまで、LGBTQであることでイジメや、トラウマになるような出来事にも遭わずに生きてきた。幼い頃は、「おとこおんな!」とか暴言をぶつけてくる輩もいたが、論破したり、それでもわからない輩は暴力で制していた。すると、ボコったり論破した彼らが、次第にわたしの代わりに反論してくれたり、ケンカ強いからやめとけと相手を諭したりしてくれた。

そんな、今とは別人のようなヤンチャな幼少時代を過ごしていたけど、思春期はやってくる訳で。その時期に、男性にはかなわない現実を知る(暴力的、肉体的観点で)かと言って、男性すばらしい!恋愛!とはならず、男性もいいよね、というスタンスで今でもいる。

 

自主規制が長すぎ

思えば、このときから、無意識レベルで自主規制がはじまったのだ。

「白鳥は 哀しからずや 空の青 海の青にも 染まずただよう」 by 若山牧水

この短歌に心打たれたのもこの頃。われながら、レトロ趣味の渋い子どもだったと感じます。白鳥は、そのまんまわたし。哀しさのなかに、どこにも属さないのよ。というナルシシズムを感じます。ちょっとGay的だわ。

そのあと、フランス(多様性先進国)にハマったり、自由な社風の会社でゴリゴリ仕事をしながら、普通に女性と恋愛をし、不毛な恋もたくさんした。意識はどんどん一般視点、特に保守的な社会視点から遠のき、一般社会や地元コミュニティーとの間に乖離、謎の生きづらさを感じるようになる。まさに若山牧水の短歌のように、どこにもハマれないもどかしさ。

 

LGBTQに向き合ってなかったかも

そんな日々を過ごす中でいい歳になり、恋愛に対するモチベーションも落ち着いた今。初めて社会に対して自分のセクシャリティをカミングアウトしたとき、わたしって案外、無意識に傷ついていたんだとわかった。どこかで自分を表現することを規制していた。自分がレズビアンであることを忘れていたと言ってもいい。本当は、見ないようにしていたのかもしれない。どこかで諦観したのかもしれない。だから、哀しかった。力を100%出せなかった。

「どうせ言ってもわからないでしょ」

そんな無気力な想いが、わたしの中にあった。

自分探しでもなんでもなくて、ただただ、わたしの中にずっとあるもの。それが自分にも社会にも受け入れられたことで、目の前が彩り豊かになりはじめた。つぼみがゆっくり開きはじめたみたいに。

たぶん、わたしのような人は、誰の周りにもいる。知らないだけで。見てないだけで。そういう人は、無意識で、ノンバーバルなコミュニケーションで、案外傷ついている。生きづらさを感じている。だから、そういう人が声を上げやすいような社会の空気をつくっていきたい。

 

A君のおかげ

人前でカミングアウトする必要はないと感じていたけど、実際にやってみると、今まで感じたことのない解放感があった。最初は少し不安だったけど、外にアウトプットできる時代になったのだ。

イベント主催者の友人とは、たまたま、本当にたまたま、人生初めての新宿2丁目に行ったときに出会った。2丁目に足を踏み入れる直前まで、ストレートの元同期と飲んでいて「前の会社にA君って子がいてね…」と聞かされていたのだ。そのA君が、たまたま入った有名ビアンバーにいた! しかもA君、福岡から来たって言うじゃない!

そんな奇跡的な出会いを果たした彼が今、地元福岡でLGBTQの活動を進めてくれている。だから、おなじ当事者であるわたしも声を上げていかないといけない。まだまだ動き出したばかりだけど、LGBTQの活動をはじめていく。今、一般の人とLGBTQの人が、自然とコミュニケーションできる企画を思案中です。LGBTQだけでなく、ひとりひとりが個性を100%活かせる社会になるといいな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中